古谷 誠章 (ふるやのぶあき)建築家

古谷 誠章 (ふるやのぶあき)建築家

1955年生まれ。建築家、NASCA代表、早稲田大学教授。早稲田大学理工学部建築学科卒業。1980年大学院修了、小野梓記念芸術賞受賞。1986年~1987年に文化庁芸術家在外研修員としてスイスの建築家マリオ・ボッタ事務所。1994年にNASCAを設立。吉岡賞、日本建築家協会新人賞、日本建築学会賞、日本芸術院賞等、受賞多数。代表的な作品には、やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム茅野市民館小布施町立図書館まちとしょテラソなど。師である穂積信夫と共に、民俗資料館など村の公共施設設計に携わった縁から、東日本大震災後に研究室で支援プロジェクトを立ち上げ、岩手県田野畑村で復興支援を続けている。

作品詳細はこちら